いぬ

レトニエルを飼うことにした話2

レトニエル 先行予約してからすぐに連絡が

5/17に先行予約をしてから、しばらく待つだろうと思っていた。だって、我が家の前に12人の予約が入っている。
が、5/29愛犬ハウスセキノから連絡があった!!

「5/26に9頭子犬が生まれたので、見に来てください」

とのこと!!

早くない?!2ヶ月くらいは待つのかと思いこんでいたけれど、予約をしてから10日ほどですぐ連絡がきた。
ゴールデンレトリバーは子沢山だから、オスメスどちらでもよく、色の指定もなければ順番は早く回ってくるのだ。

週末にすぐ向かおうか相談したところ、

生まれて1週間も経っていないので母犬が抱えちゃってるかも
まだ目も開いていないので見ても選びようがないかも

とのこと。確かにそうだ。では翌週はどうかと聞くと、その頃なら大丈夫ということだった。

 

レトニエル 初対面

待ちに待った翌週末。昼過ぎに愛犬ハウスセキノに到着。今回は先住犬も連れて行ったのだが、到着前に
「まだこの子は会えなくね?」と気づく。遅い・・・
尋ねるとスタッフさんが預かってくれるという。よかった。

そして、大型犬の厩舎へ。アテンドの社長さんが接客中だったので、まずは家族だけで探すことに。

いたいたいましたよぉ〜。どれが、うちの子とその兄弟になるのかなーというのは、
誕生日で確認。
5/26!!
おお!君たちだね。

ここはお母さん犬も一緒。美人〜。そしてゴールデンにしては小柄。レトニエルを望むご家族は小さめ希望の方が多いだろうから、なるほどお母さんも小柄な子なわけだ。

そして・・・奥の方にふにふにぐーぐー寝ているあいつらが!!ご兄弟!!!

レトニエル パピーを選ぶ

今回生まれたのは9頭とのことだったけれど、ここのいいたのは8頭。
そのうち♀は生まれる前から予約で埋まっていたので、♂の中から選ぶことになる。

そして、先行予約している人の中からは、先着順で選ぶことができる。
今回は♂で連絡した人の中で一番最初の訪問だったということで、5頭を全部比べて選ばせてもらえることになった。

まずは、社長さんが3匹抱えて連れてきてくれて、その中から1頭を選んだ。
そして、残りの子と、今選んだ子を比べてどちらがよいか、決めるという流れ。

我が家は、

  • 抱っこされてもそのまま眠り続ける欧陽さ(図太いともいえる)
  • 体が一番大きい

という2つの理由で選んだ。

しかし、今の段階で、一番白い子、小さい子、大きい子などを基準に選んでも成長するに従って変わってくるということだった。それもそうだね。そして、それもこれからの楽しみになるね。

選んだ子犬のしっぽの手前にバリカンで少し毛をカットして、目印をつける。
これで我が家のワンコが決定した。

レトニエル 引き渡しまで

生後50日以降に引き渡すことができるので、日程を決めてきた。
それまでの間面会は自由にできるとのこと。

犬舎には少し前に生まれたレトニエルの子たちもいたので、1週間後はこれくらい、1ヶ月経つとあんなに大きくなる、というのがよくわかって、楽しかった。

生後60日以降の引き渡しになると、ワクチン接種も追加で行ってくれるそう。
我が家はお世話になっている病院でワクチンをお願いすることにしたので、生後50日ちょっとで引き取りにいくことにした。

レトニエル まとめ

  • 出生前先行予約をしてから10日で生まれた連絡が来た
  • 予約した人の中から、先着で子犬を選ぶことができる
  • 引き取りは生後50日以降
  • それまでの間見学はいつでもOK