40代美容

ルサンククリニック|オーダーメイドレーザー受けました

美容皮膚科、すごく敷居が高い…と思っているのは実は私だけ?!実はみんな気軽に通っているようだし、調べたり考えたりしている間にも加齢していく。老化していく!!

という訳で、インスタ広告で見かけたクリニックにその場で予約。ついに行ってきました!

今回は、アラフォーにして初めて美容医療へ足を踏み入れて泣きながら逃げ帰ってきたお話をします。長文です。

なぜこのクリニックを選んだか

しわしみたるみの3大おばちゃん悩みが深刻化してきている今日このごろ。これはいよいよだな、もう行かないと手遅れになると感じていました。

そこで急にスイッチが入りめったに見せない行動力を発揮。

今回、私が行ったのはルサンククリニック表参道。

オープンキャンペーンの広告がインスタで流れてきたので、その場で口コミをググって決めた感じ。

いつもなら他のクリニックと比較したり、調べまくったりしているうちに予約までたどり着けないパターンになりがちだったんだけど、今回はもう余計なことを考えずにすぐに予約しました。

れいちぇる
れいちぇる
ググった口コミが全体的に良かったのとキャンペーン価格が決め手でした

当日の流れ

オープンしたてのおしゃれなクリニック。

 

1Fは予約不要で利用できるドクターズコスメのショップ。ゼオスキンを始め有名ドクターズコスメや韓国コスメなども置いているそう。説明を聞き始めたら沼にはまると思ったのでやめておいたけど、はやりのゼオスキンは気になりました。

受付

とりあえず1階の受付さんに予約の旨伝えるとすぐに2階へ案内されました。

受付票QRコードから問診票へ

 

番号札の裏に問診票のQRがついていてWebで回答。問診票の記入が終わってからもそのまましばらく待ちました。そして、洗顔へ。

 

メイクをしていてもしていなくても洗顔をするように言われるようです。

洗面スペース

 

クレンジングは大好きな上原恵理医師もオススメしていたプラスリストアの泡クレンジング!1Fでも販売していました。さすが!

VISIAで撮影

何もつけていない素肌の状態を画像で診断するVISIAで撮影。

このときに軽く問診。今日の施術を希望するかカウンセリングのみかを再度確認してくれます。

正面と左右。ほしければ画像はLINEで送ってくれるとのことでその場で登録。当日中にというお話だったけれど、すぐに届きました。

このときに一度ショックを受けてガーーーンとなります。おーこわ

かろうじて実年齢より肌年齢が若かった

 

もう衝撃画像ですよね。後の医師の話だと、偏差値みたいなもので数字が高いほうが優秀ってこと、と説明を受けたのですが、耳に入ってこないw

それよりもすごいことになってる・・・というね。覚悟はしていたけれど、突きつけられるとショック受けますわ、実際。

がーーーーーーん

ショックを引きずったまま、すっぴんの間は待合スペースに戻されずに、カーテンのひけるパウダースペースで待たせてくれます。

れいちぇる
れいちぇる
こういう小さなお気遣いが所々でありました。

 

診察

問診と先程のVISIAの画像をもとに医師とお話。自分ではシミとたるみがとても気になっていたのだけれど、プロから見てどこをまずやればいいのかも教えてほしいな、と思っていました。

私の場合、紫外線による境界線のはっきりしたシミはそんなに多くないものの、境界線のぼんやりしたシミは肝斑、これがガッツリありました。

たるみ対策ならHIFUがおすすめなんだけど、表参道店にはない、よかったら銀座店にありますよ、とのこと。HIFUの効果の説明も一応してくれました。

ということで、この日の施術は当初の予定通り一番人気でキャンペーン価格のオーダーメイドレーザーに決まりました。

この治療は、お肌の状態を医師が診察し画像診断機で細部まで観察した上で複数のレーザー機器、エステ機器、薬剤を処方して食い合わせて行う治療です

ルサンククリニック 同意書より引用

 

通常¥55000オープニングキャンペーンで¥27500

 

施術の組み合わせと、それぞれの効果の説明を受けます。画像解析を見ながら、肌の状態と合わせて「ここまでは必要ない」とか「そんなに濃くないので積極的にしないほうが良い」とか。

ゴリゴリお勧めしてくるような事は何もありませんでした。むしろ、そんなにやらなくて良いと思うという判断を説明してくれた感じでした。

その後、スタッフのお姉さんより同意書へのサインと、もう一度説明とお会計。

そして、施術という流れ。

オーダーメイドレーザーの内容

施術は3階へ。経験値のありそうな落ち着いた雰囲気のベテラン感のある看護師さんにバトンタッチ。これは絶対期待できる、と思いました。すべてを任せられる安心感がそこにありました。

ベッドに横になり、早速始まります。

サリチル酸によるケミカルピーリング

皮膚が薄いと言われ続けてきたので、ピーリングは避けてきたのですが、医師の判断の元に行うので特に抵抗感もなくむしろ楽しみなくらいでした。

ケミカルピーリング

酸を使用し、皮膚の角質を剥離し、新しい角質を再生させるもの。ニキビやシミに効果がある。

人によってはピリピリするかもとのことでしたが、アトピー素因ありでも平気でした。

治りかけの傷があったのですが、そこは「新しい皮膚ができてきているところなので、これを剥がすのは意味がないので避けておきますね」とか「あごは少し荒れているようだけれど、気になったらすぐに言ってくださいね」と状態を見て判断もしてくれました。

ロングパルスヤグレーザー ジェネシス

ジェネシス

メラニン、水分およびヘモグロビンに吸収されるロングパルスレーザーを用いて真皮のコラーゲンに刺激を与え再生し弾性繊維を張り巡らせる。

肌のキメ・毛穴・シワ・たるみ・ハリ・赤みなどの改善が期待できる

47℃くらいの少し熱めの光がぼわーーとあてられている感じ。目元にだんだん迫ってくるのはちょっと怖い。痛みはない。

IPL ライムライト

ライムライト

光治療で表皮や真皮に対して効果的に熱を加えることにより、肌の若返りの治療になる

しみ・くすみ・きめ・こじわの改善

もちろん保護ゴーグルはあててくれているけれど、ビカッと結構眩しい。

ちょっとビリっとした痛みがあり、場所によっては強めの痛み。でも避けてしまうほどではない。

最終的にはゴーグルを外して目元まであててくれるのは驚いた。小じわがたくさんあったので改善を期待。

頬が全体的にじわーーーーとピリピリした痛みが残る。

ピコスポット

ピコスポット

これのみ医師による施術。厚労省の承認を得たアレキサンドライト ピコ秒レーザーによるシミの治療

めちゃくちゃ痛い!!

先生も承知のようで、始めは痛みの少なそうな下頬に当ててくれて「これ位の痛みです。痛いから冷やしてからあてますね」という感じでスタート。

バチっと痛い。

事前説明では5箇所と聞いていたのですが、なんと先生がほくろも含めてあてられる所全部あててくれました。事前に「ほくろもあてますね。消したくないほくろはありますか?完全に消えるというわけではないけれど、薄くはなりますよ」とのことで、是非にお願いしました。

自分では見れませんでしたが、「あ、あの薄い所だな」とか「次はほくろだな」とか「そこもあったのかー」など思いながら痛みに耐えていました。

一番痛かったのは唇。「唇もあてますか?」と聞かれまして、薄い場所だしすでに頬で痛さがわかっていたので、心のなかでは「絶対に痛いやつやーーーー」と思いつつ「がんばりますのでお願いします」と返事していました。

GE・KI・TSU・U

めっちゃ痛かった。たぶんビクついてたと思う。

帰ってから数えてみたら40箇所以上スポットしてくれていたのではないかと思います。

アイスノンを手渡されてとにかく冷やす冷やす。涙ちょちょぎれてたと思う(久しぶりに言うた)

エレクトロポレーション

エレクトロポレーション ケアシス

細胞を振動させて細胞間に美容成分を注入。元はガン治療の機械

看護師さんが戻ってきて「痛かったですよね〜。あら?先生ほくろも打ったの?あら??唇も打ったのね?唇は痛いよねー。」と次のケアの説明をはさみつつ、共感してくれたので魂が救われました。

一人で痛みに耐えているよりずっとよかった。小泉元首相に私も労ってほしいよ「痛みに耐えてよくがんばった!!!」っつって。

なので、この施術は冷たくて気持ち良い以外の何者でもなかった。

あの痛みから解放された・・・昇天・・・冷たい・・・もっと・・・

って感じ。

後で説明を見ていたら、クーリング(冷やす)機能があるから、併用で使うのにむいているそう。確かに確かに。

美容成分にはトラネキサム酸とか入っているといろいろ説明してくれたけど、もう解放された以外の思考はぶっ飛んでいました。

看護師さんに「頑張りましたね。痛かったですよね。今日は美味しいもの食べてくださいね」と励ましてもらいました。「わざと傷をつけているようなものなので、回復のために栄養が必要ですよ」とも。

しかし、痛過ぎでそれどころではない。見た目もそれどころではない!!

赤くてボコボコ腫れ上がっています。ジンジン痛い

最後にパウダールームに案内してもらいましたが、もうメイクなんてしてられない!と、泣きながら逃げるように帰りました。

ま、しっかりKINTANで高い方のお弁当買って帰ったんですけどね。

奥の熟成KINTANを頂きました。普段手を出さないお値段。

ルサンククリニックの感想

行ってみたら敷居の高さなんで感じなかった。以前アートメイクの際に訪れた美容クリニックは、バキバキの整形顔の方とか、韓国系の親子連れとかクリニックの雰囲気もすべてがゴリゴリだったのです。だから、なんか庶民のおばちゃん入り込んできた場違い感が肩身狭かった笑

今回はそんな事はなく、50代くらいの普通の感じの方とかが多かったし、スタッフの人たちが可愛くて若いのに気さくな空気で過ごしやすかったのもあるかもしれない。

それから、みんなスタッフさんたちも施術を受けているので、痛いですよね〜など共感してくれて精神的に寄りかかることができました。帰りも受付は違う人だったのですが(これまたかわいい方で)、「痛かっちやぁぁぁぁー」と泣きついたら「痛いですよねーーーーー」と超共感。仲良くなれると錯覚するような感じで接してくれました。惚れるところだったわよ。

ルサンククリニック勧誘はあったか?

結論から言って全くありませんでした。

お会計の段階で、「一応説明しときますと、今日限定で申し込むとセット料金がお安くなるコースもあります」という案内はありました。

でもそれは、営業ですらない、ただの案内でした。

帰り際に聞かれていたら、内容が良すぎたので申し込んでいたかもしれない(今すでに申し込んでおけば良かったとちょっと後悔している)けれど、何も触れられませんでした。

まとめ

最初で当たりをひいたのか、美容クリニックとは本来こういうものなのかは判断がつきかねますが絶対にまた行く!!!!!と決意しています。

今はダウンタイム中なのでシミがかさぶた状になっており、効果のほどははっきりとお伝えできません。でも、肌が明るくなったような気がするし、ほうれい線も少しだけマシになっています。

また後日、タウンタイムが終わったらどうなったのか、書きますね。

帰宅後は見た目はマシに。

次はたるみが気になっているので、HIFUをしたいなと思いつつ、今日のようなレーザーの治療も継続が大切のようなので、お財布と相談しながら楽しく悩みたいと思っています。